輝く君を見ていたい

強く生きようと頑張る弱小オタクの独り言

不意に思い返す過去に涙が出てくる

気づけば、だいぶ期間が開いてしまいましたね....

先日、元推しさんが1年ぶりくらいにブログを更新したので、見に行ったら、昔の記憶が蘇ってきてしまいました。

ゆるゆる〜〜っとオタクしてた時代、純粋に楽しかったな〜と。


「これが最後!」とか決めずに、気づけば元推しさんの現場に行かなくなってしまっていたので(そもそも現場がなかったんですが)、やっぱりけじめというか、なんというかがつけられてなくて、未練タラタラなんでしょうね実際()

だからといって、今前ほど熱がないという

ていうかやっぱり今の推しくんが大好きだし、出会えてよかったって思ってるから、多分このままでいいのかもしれませんね。


推しさんには本当に感謝してます。あの人は私の青春でしたし、今みたいに頻繁に観劇に行くようになったのもあの人のおかげです。あの人がいなかったら劇団四季なんて絶対見にいってないなと、ブログ読んで思ったんですよ。


私、オタクを隠してるわけではないんですがやっぱり自己紹介とかで変なこと言えないんで趣味とか聞かれたら「観劇」って答えてるんですよ。最近。
嘘じゃないんですよ?年3?くらいで劇団四季見に行きますし、他にも好きな女優さん(神田沙也加さんです)が出てるミュージカルとか軽率に行くので。こんなだからお金ないんですけど。


でも、元推しさんがミュージカルの舞台に立たなかったらきっと、きっとこんなに舞台を見に行くことはなかったと思います。


推しさんは、中、高生だった私に広い世界を見せてくれました。本当に感謝してます。ほんとに。


こうやって文章にする事で、見切りをつけようと思います。

不思議なもので、振り返った過去はとても輝いて見えて、今より楽しげに見えます。


でも、私が今の推しくんが大好きな事は嘘偽りない真実なので、その気持ちを胸にオタクしたいなって思います。


手始めに積んだCDの配布芸。がんばるぞ〜!