Je suis

オタクの独り言

ガチ恋拗らせ女の話

 

みぶです。

 

今回は、私についての身の上話(?)のような事をしたいと思います。

 

プロフィールや、アップした今までの投稿からもうかがえますが。私はオタクです。

ただ「なんのオタクなの?」と聞かれたら、私は絶対にこう答えます。

 

「声優さんのオタク」だと。

 

私が、アニメや漫画が好きになったきっかけは、小6の時にやったゲームです。

そのゲームについてはいつか語りたいので、今は語りません(某D社のキャラが出てくるスクエニのゲームといえばきっとわかるでしょう)が、そのゲームの話を通じて仲良くなった友達の影響で、アニメや漫画を知りました。

そして中1の時、アニメのキャラクターについてWikiで調べてるうちに、『声優』さんを知りました。それからと言うもの、声優さんの虜になったのです。

 

その時(もちろん今も)1番好きだった声優さんは、Tちゃんと仲良くなるきっかけになったゲームの主人公をしていた声優さんです。

その人を1番に掲げて、少ないお小遣いでイベントに行く日々を高3まで続けました。

(アルバイト禁止の高校だったので、高校の時もお小遣いでした)

 

友達も声優さんが好きだったので、一緒にイベントに行ったりCDを貸し借りしたり、楽しいオタ活を続けてました。

その人に対しては純粋にファンでした。

(少し崇拝してるような気もありますが)

 

ただ、大学生になる時事件が起こりました

 

とある若手声優さんの声を聴いて、その人の声に惚れ込んでしまいました。

多分一目惚れならぬ人聴き惚れです(?)

 

「ヤバイ」

 

その一言しか言えませんでした。

期待の新星が私の好きな声優ヒエラルキー的なものを一気に駆け上がって来たのです。

 

しかしまぁその時はそれだけです。好きな声優さんが増えただけでした。

カテゴリ的に新人声優さんに部類される方なので、あまり多くの作品に出演している訳でもなかったためとりあえず一通り作品チェックするだけして、イベントなどには機会があれば〜程度でした。

 

しかしその年、その方と出会うきっかけとなった作品が大きく展開し、キャスト登壇イベントの開催が決定しました。

しかも、大学生になりバイトを始めた私は以前よりも圧倒的に自由が効くお金があります。

その上、それまで1番応援していた方が一時休業を発表したのです。

 

これは、休業の間この人をメインにオタ活するしかないのでは?

 

この考えが甘かったのです。

 

とあるイベントに参加した時あたりから、完全にその人の事しか考えられなくなりました。

イベントに時間都合や落選したなどの理由で行けなかった時、今までにないほどの苦しさに襲われました。(マジで鬱でした)

会いたいという気持ちが強くなり、意地でもイベントに参加しようとしました。

 

今までにないほどの苦しさをTwitterでつぶやいていたところ、フォロワーに言われました。

 

「みぶちゃん、それガチ恋だよ多分」

 

あ〜〜そっか、これが恋か.....

普通に納得しました。

そりゃあ今まで平気だった同担も無理になる訳だ。

 

そうして私は、ガチ恋を拗らせた面倒な女オタクへと華麗な(?)変身を遂げたのです。

 

 ナチュラルに同担がムリと言いましたが、理由がいくつかあります。それともう1つ言いたいことは、ガチ恋してる声優さん以外にも普通に好きなキャラでも同担拒否してるキャラがいます。まぁ、同担拒否しやすい性格なんですかね。

 

理由の1つ目は、ただ単に嫉妬心が強いから。

バイトなどの予定で参加できなかったイベントに同担が参加して楽しかった〜というのを見てると自分が惨めに思えてくるです。(実際嫉妬してること自体が惨めなのですが)

幸せおすそ分けです〜とか言って自慢げにイベントの話をする奴は正直に言って死ね!と思ってます。

 

もう1つは(これはキャラを同担拒否するときの理由ですが)解釈違いが嫌いだからです。いわゆる地雷になりそうだから最初から自分の地雷を避けてるってわけですね。

もしかしたら言ってなかったかもしれませんが、私腐女子です。CPの解釈違いも殺します。

 

あと、これは過去のトラウマ的な話なのですが、高校時代繋がっていた同担同士がトラブルになり貶し合ってたのを見ていたので「同担怖いな」って少し思ってます。

 

まぁ同担拒否の理由なんて人それぞれなんで、私の理由がすべての人に当てはまるわけではないと思うのですが。

私はSNSで不快な思いをしたくないので、狭い心で自分だけが楽しいTwitterライフを送るため同担拒否を貫いています。死ね!とか殺す!とか軽率に言いますが、現実で殺すことはできないんで、Twitterでぐらい私の前から姿を消してくれ同担!って話ですね。

 

 

余談ですが、現実で彼氏ができればガチ恋辞められるんじゃないかななんて甘い希望を抱いてるんですが、その話をする人全てに「いや無理だろ」と言われるのでさすがに凹みます。

 

 

ネット上にアップされてるアニメ動画について

 

1時間なるかならないかくらい前に、初投稿の私についての記事を載せたばかりなのに、大学からの帰宅途中の電車内で友達からとんでもない言葉を聞いたので、話させてください。

 

内容はタイトル通りネット上にアップされてるアニメ動画について。

 

まず、私の友達について話しますね。

 

自己紹介にも書いてあるのですが、私は女子大生です。しかも女子大に通っています。

いわゆるオタクと言われるタイプの子が少ない学部にいますが、やはりどこにでもオタクはいるもので、話が合う友達とよく一緒にいます。(類は友を呼ぶとはきっとこういうことの事を言うんでしょうね)

 

今日一緒に帰った友達は2人。CちゃんとMちゃんです。

Cちゃんは必死にオタ活をするオタクでは無く、少女漫画や恋愛ものが好きでよくそうタイプのアニメをよく見る子です。

Mちゃんはアニメや漫画も見ますが、どちらかと言うと若手俳優さんのオタクです。いつもチケットが用意されないことに嘆いています。

 

まぁ、その2人と私。という組み合わせで電車に乗っていたわけですが、最初は普通に他愛もない話をしていました。(私が声優さん個人名義のCDのダイマをしたり、A3のイベント話をしたり)

 

そんな中、私が衝撃を受けたとんでも発言をしたのはCちゃんです。

 

「動画の再生数も視聴率に還元されればいいのにね」

 

と、彼女は言いました。

 

「ん??????????」

 

思わず声が出ました。何をいってるんだこの子は。

この再生数というのも、決してニコニコ動画で公式が配信しているようなものの話ではないです。

youtubeやAnitubeなどの動画配信サイトにアップロードされてるものの話です。

 

「絶対動画で見てる人も多いと思うんだ!テレビでの視聴率が低いから打ち切りってのもやめてほしい〜」

 

というCちゃん

 

 

「いや、お前らみたいなのが動画で見ただけで満足して公式に金を落とさないから打ち切りになるんだぞ???????」

 

と思いましたが、口には出しませんでした。

(まぁ実際のところどういう基準で打ち切りなりなんなりになってるかは、いまいち知らないのですが)

「あーうん。そうだねー」と心がこもってない調子で答えました。Mちゃんの返答も同じ調子だったので、きっと私と同じ事を思ったんでしょう。

 

いうて私も絶対にyoutubeやAnitubeでアニメを見ないかといったらNOなのですが、まさかその行いが正しい事というか当たり前の事だと思ってネットにアップされてるアニメを見てる人がいるとは思っていませんでした。軽くショックです。

 

だからなんだという話なのですが、とりあえず「私がショックを受けた話」として締めさせてください。

 

多くの人が気軽に見たい作品が簡単に見れて、それでいて公式にお金がいくシステム。できませんかね.....?

 

初投稿

 

ブログを書くのは中学生ぶりです。

あの頃は、Ameba全盛期でグルっぽだのピグだので顔の見えない相手と交流してました。

ブログを書くって行為は二の次だったってことですね🤔💭

 

時代は流れて、Amebaで交流していた人たちがTwitterに流れていき私もAmebaをやめてTwitterを始めました。確か中2だか中3の時です。学校の帰りに友達とお互いが繋がっている目立つ言動をするフォロワーさんの話をしたのを覚えてます。

 

まぁ、回り回ってまた大学生になった今ブログを書いているわけですが。

 

Twitterは楽しいSNSです。私も中毒では?というほどTwitterをやってます(現在進行形で)。ただ、苦しい思いをしたことも、トラブルになったこともたくさんあります。まぁ、その話は今しません。多分話をする機会が来ると思いますので。

 

とりあえず何故私がこうやって今ブログを書き始めたのかの話をさせてください。

 

理由は、誰の目も気にせず1人で語りたいから。

 

まぁブログも人の目に触れるコンテンツなのですが、Twitterではこうやって1人で自問自答して話していると文字数が足りません。それに私は、Twitterをどちらかといえば交流手段として使っているので、アカウントで1人で語るのもいささか恥ずかしい気持ちがあるんです。

それなら鍵垢で誰もフォローせず話せばよくない?と思われそうですが、自分の主張が誰の目にも止まらないのは少しばかりさみしいものを感じるので、こうやってブログという形で自分の考え、思いを発信できればいいかな。と考えています。

 

まぁ日記としても使っていきたいと思ってます。